メインイメージ

電波やデータ量の規制は

キャリアに縛られない選択肢

ユーザ単位での料金が

携帯事業への参加が優位にも

電波やデータ量の規制は

携帯電話は日本人の一人に一台以上持つようになっていて、現在は市場も飽和状態になっています。 最近はスマートフォンの普及でデータ料が膨大な量になっています。 使える電波は限られているということから、キャリア各社が一定以上のデータ量を使うと速度が落ちる規制を作るようになりました。 電波は限られているので低速になってしまって、解除をするのにはお金が掛かってしまいます。 スマートフォンは動画を見たり、ストリーミング技術を使って音楽を聞くことも可能なので、データ量が増えています。 現在ではMVNOというサービスが増えています。 通信速度を減らしたり、通話はできないようにしていることで割安な電波を使って通信サービスを行っていて、それでも構わないといい人が増えています。 家ではwifiを使っていればストレスを感じることもなく使えて、外出中はデータ通信量が少ない文字を中心としたものを見ることによりストレスを感じることなくインターネットに繋げます。

Copyright© 携帯業界にも「激安」の時代が All Rights Reserved.