メインイメージ

電波やデータ量の規制は

キャリアに縛られない選択肢

ユーザ単位での料金が

携帯事業への参加が優位にも

ユーザ単位での料金が

携帯電話の使用にあたってネックになるのが携帯電話の月々の料金です。知らず知らずに使用していると携帯販売店員に余分なオプションを付けられていたり、パケットし放題のプランを付け忘れていて高額なパケット料金を請求されるなどのトラブルが起こることがあるからです。そこでユーザ単位での料金を安くするために、ユーザが行うべき行動として挙げられることを考えると、1点目は携帯を購入または機種を変更する際は経験者に相談すること、経験談を聞くことで自分が購入や機種変更する際の目安となるからであります。2点目はオプションを付ける際は店員に勧められて付けるのではなく、自分で必要に応じてつけることです。だいたいの場合において店員がオプションを勧めるのはお店に利益を増やすことが目的であるので、自分で考えて行動することがユーザにとって必要な行動であり、携帯を使いやすくするコツであるからです。 このようにユーザは自分で考えて動くことが携帯を使いやすくしていく秘訣であります。

Copyright© 携帯業界にも「激安」の時代が All Rights Reserved.