メインイメージ

電波やデータ量の規制は

キャリアに縛られない選択肢

ユーザ単位での料金が

携帯事業への参加が優位にも

キャリアに縛られない選択肢

携帯電話を利用する時には、携帯キャリアとの契約を行なって、スマートフォンなどの端末を購入し、回線を借りることになります。 回線の利用には、契約者毎の情報を入れたSIMカードが必要になり、携帯キャリアからはSIMカードが貸与されることになります。 このSIMカードを端末の専用スロットに挿入しますと、モバイルインターネットが出来ます。 近年では、MVNOという形で携帯キャリアがインターネットプロバイダーなどに回線を貸し出し、格安のモバイル回線サービスが展開出来るようになっていますので、消費者にとって、キャリアの縛りが無い選択肢が増えています。 SIMフリー端末も登場していますので、格安SIMと組み合わせることで、月額料金の安いスマートフォンが利用可能になります。 選択肢が増えることで、消費者は、携帯電話に使っていたお金を他のことに回すことが出来るようになり、スマートフォン用のアプリの購入や動画視聴サービスなどのネットサービスの利用にお金を使えるようになっています。

Copyright© 携帯業界にも「激安」の時代が All Rights Reserved.